NEWS2017

【プレスリリース】【社員のペットも家族の一員】獣医にネット相談ができる福利厚生サービス「ペトことクリニック」のトライアル導入企業を募集

認定医の資格を持つ獣医など専門家が情報発信するペットメディア「ペトこと」を展開するシロップは、飼い主が獣医にペットのことを気軽に相談できる福利厚生サービス「ペトことクリニック」の導入企業を募集します。ペトことクリニックは既に数社でトライアル導入中となっており、さらなる効果検証のためトライアルに参加していただける企業を募集します。トライアル期間中は無料でご利用いただけます。ぜひご検討ください。

「ペトことクリニック」の概要

ペトことクリニックは、LINE社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」を通じて、獣医師にペットのことを相談することができるサービスです。獣医師は全て動物病院に勤務する臨床獣医師で、動物病院に連れて行くべきか迷ったときに気軽に相談することができます。

  • 名称:ペトことクリニック
  • 料金:無料 ※正式版リリース(日時未定)の際にトライアル版は終了します。
  • お問い合わせ:https://petokoto.com/inquiry

現在、日本におけるペットの飼育頭数は犬と猫を合わせて約2000万匹です。その数は15歳未満の人口約1700万人を上回り、飼い主の年間平均支出額は犬が36万円、猫が18万円と年々増加傾向にあります(※)。今後も「ペットの家族化」が進んでいくと言われており、ペットに関する福利厚生制度を導入する企業に注目が集まり始めています。

ペットは子どもと同じように急に病気になることがありますが、日本ではまだまだ子どもと同じように有給休暇を取得することは難しく、ペットの飼い主が働きやすい環境が整っているとは言えません。そこでシロップは、ペットを飼っている社員の方が働きやすい環境をつくるため、2016年7月よりインターネットを使って獣医にペットのことを気軽に相談できる福利厚生サービス「ペトことクリニック」の提供を開始しました。

第一弾として、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻 庸介)さま、第二弾として株式会社エウレカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:石橋準也)さまに導入いただき、同社に勤務する社員の方にご利用いただいています。

アニコム損害保険調べ

「ペトことクリニック」での相談事例

犬を飼っている社員の方からの相談で最も多かったのは、セカンドオピニオンとして専門的な知見を求める相談です。ペットの高齢化や獣医療のニーズが多様化する中で、かかりつけの獣医師による診断だけでなく、他の獣医師の意見も聞きたいという需要が高まっています。また犬は猫よりも体調を崩すことが多く、会社を休んで動物病院に連れて行くべきか判断に迷うことも少なくないようです。

猫を飼っている社員の方は、日頃の変化を気にされて動物病院に行くべきかどうかを相談されるケースが多い傾向にあります。猫は、犬のように散歩をする中で生まれる飼い主のコミュニティーが無く、また家の外に出るだけでストレスになってしまうため、犬ほど動物病院に行くことがありません。そのため、犬以上に会社を休んで動物病院に連れて行くべきか判断に迷う方が多いようです。

「ペトことクリニック」トライアル導入のメリット

犬を飼っている社員の方、猫を飼っている社員の方、それぞれに事情がありますが、いずれも動物病院に連れて行くべきかを悩むことが多く、悩む大きな要因として、「会社を休んで連れて行くべきか」ということが共通してあります。気軽にペットのことを相談できる窓口があるかどうかは、社員の方の働きやすさに直結する問題です。

ペトことクリニックは現在、よりよいサービス提供に向け事例数をさらに拡大するため、トライアルで無料導入していただける企業さまを広く募集しています。なお、ペトことクリニックの利用には、企業さまが社員の方に発行されているメールアドレスが必要となります。簡単に導入いただけますので、ぜひ新たな福利厚生制度として導入をご検討ください。

※トライアル版は正式版リリースの際に終了となり、トライアル版を導入していただいていた企業さまが継続してご利用いただく場合は正式版への移行が必要となります。詳細については、正式版リリースが決定した際にご連絡させていただきます。

PAGE TOP