NEWS2017

【プレスリリース】シロップ、第三者割当増資による資金調達を実施し、ペットライフプラットフォームの実現へ人材獲得を強化

シロップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大久保 泰介)は、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、佐藤 貴紀氏(獣医師)などを割当先とする第三者割当増資を実施しました。今回の調達により、展開サービスから蓄積される飼い主とペットのデータを通して「ペットを迎えてから飼い終わるまで」個々の犬猫に最適な情報や商品を提供するペットライフプラットフォーム構想を立ち上げます。

本件の概要

シロップは、「人が動物と共に生きる社会をつくる」をビジョンに掲げるペットテックスタートアップです。現在、専門医獣医師などペットの専門家が発信するメディア「ペトこと」、保護犬猫と飼いたい人を結ぶマッチングサービス「OMUSUBI(お結び)」を展開しています。
 

ペットライフプラットフォーム「PETOKOTO」

 
今回調達した資金で、採用を強化し、「OMUSUBI」のサービス改善・機能開発、「ペトこと」のリニューアル、新規事業である「ペット向けサプリメント」などコマース事業の立ち上げに活用し、ペットを迎えてから飼い終わるまで、ペットの健康や属性に合った最適な情報や商品を提供するペットライフプラットフォームへと成長して参ります。

第三者割当増資先の概要

  • 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(代表取締役 福田 知)
  • 佐藤 貴紀(獣医師)
  • 他2名の個人投資家

※佐藤 貴紀氏は前回の資金調達に続いての追加投資です。
※別途、融資を含めた本件の累計調達額は38百万円となります。
 

FFGベンチャービジネスパートナーズ投資事業部長 長谷尾 勲氏のコメント

私自身が漠然とおかしいと思っていたペット業界の課題に正面から向き合い、変革しようと真剣に取り組んでいらっしゃる大久保社長と出会い、応援できる機会を頂いたことをうれしく思います。同時に、ペトことのような情報の質の高いメディアを知らなかったこともあり、現在はこのサービスを飼い主として利用しています。OMUSUBIもペトことも順調にファンが増え続けていますので、人がこれからペットと長く、正しく向き合っていくためのベースになり、海外にも広がっていくサービスになることを期待しています。その中で、私たちは、地方発VCとして、当サービスの地方への認知度向上などサポートして参ります。
 

佐藤 貴紀氏のコメント

犬猫の平均寿命は年々延びていますが、その要因として飼い主さまの意識や飼育環境の向上はもちろん、獣医療の発達が挙げられます。検査方法など技術的な面もありつつ、それを使いこなす専門的な知識があるからこそ、正確な診断・治療ができるという面が大きいでしょう。シロップと出会った当初は、まだまだアナログな環境のペット業界をITの力でもっと豊かにできればと考えていました。しかし、獣医療から動物福祉まで、スタッフが同じ想いを持って真摯に取り組む姿を見て、ペットと飼い主さまのライフスタイルや専門科・高度化する獣医療、ペット業界の労働環境など、大きな変革を起こしていく存在になるのではと期待しています。今後も獣医師の立場だけでなく、社外取締役として、また株主としてもサポートしていきます。

会社概要

  • 会社名:株式会社シロップ
  • 本社所在地:東京都渋谷区広尾3-17-7
  • 代表者:共同創業者兼代表取締役 大久保 泰介
  • 設立:2015年3月
  • URL:http://syrup.jp.net/

 

※採用に関して※

現在、エンジニア、編集、コーポレート、ライター、デザイナー(アルバイト雇用含む)など、複数ポジションにて採用募集しています。ペットテックを通して人や動物のヘルスケアにチャレンジしたい方がおられましたら、ぜひ採用ページよりご応募ください。
 

提供サービス

  • 専門医獣医師などペットの専門家が発信するメディア「ペトこと
  • 保護犬猫と飼いたい人を結ぶマッチングサービス「OMUSUBI(お結び)
PAGE TOP